タグ:革 ( 21 ) タグの人気記事

財布の手直し

ダンナのためにがんばって作った財布。

ちゃんと使ってくれてるのだけど、

小銭入れの部分には革のフラップがあるだけなので、
なにかの拍子にコインが落ちてしまうかもと心配なるとダンナが言う。

うーーーーーん、・・・仕方ない。

手直し、するか・・・。

フラップの部分なら財布を分解しなくても、この状態でも縫うことが出来そうだし。
f0148619_09190119.jpg
ポケット部分に穴をあけ、裏に補強の革を貼る。
f0148619_09190128.jpg
そこにスナップボタンの凸側を留め付ける。
f0148619_09190162.jpg
フラップには裏にスナップボタンの凹側を留め付けた見返しを縫いつけて、完成。
f0148619_09190108.jpg
これでダンナにコインの落下を心配しないで財布を使ってもらえそうです。
[PR]
by hiroponS37 | 2018-07-03 09:30 | 革細工 | Comments(1)

やっと出来た・・・財布

退職して暇ができたらじっくり作ろうと思っていた
二つ折り財布
退職後3ヶ月が過ぎようとするころ、
やっと作業にとりかかることができました。

型紙を準備したのは実は6ヶ月も前。
使用する革をなかなか決めかねたり、
そしてなんといっても革を裁断するのに勇気がいるのです。

細かい作業の連続にもなるし、なんだかんだで、
けっきょく仕事と家事との合間にするのがおっくうになってしまい、
今に至る訳です。

f0148619_15064543.jpg
いざ取り掛かると、2日くらいで出来ちゃいました。
f0148619_15064541.jpg
今回は手持ちの端革で作りました。
革は高価なので「ただの趣味」にお金はかけられず、
購入するのは躊躇するのですが、
ありあわせの革でも形になって本当によかったです。


[PR]
by hiroponS37 | 2018-06-22 15:27 | 革細工 | Comments(0)

麻のコースター入れ

f0148619_10441209.jpg
来客があって新しい家にお通しして冷たい飲み物を出したのだけど、
かわいいコースターがなくて、と母が言いました。

新しいテープルに水滴の跡がつくのがいやで、
冷たい日本茶用の茶卓はあるけどイメージに合わず、
仕方なくペーパーナプキンを敷いたとのことでした。

高齢の母がおもてなしに心を配り、見た目やデザインを気にすることは
ボケ防止にとってもいいなと思いました。

そこでコースターくらい自作しようかと
麻ひもを編み始めたのですが、
気に入ったものができず挫折。

結局、100円ショップで白い陶器製のものと
緑のフェルト製のものを購入。
コースターを解いた麻ひもはそれらを入れるカゴに変身しました。

キッチンの収納はほとんどが引き出し式になったので
引き出しを開け締めする際に重さのある陶器のコースターが動いて他の物を傷付けないよう
柔らかい物に入れようと編んでみました。

持ち手にはピアノレザーの切れ端を巻いたので少しだけ高級感が出ました。

ああ、でも急に涼しくなってきたのでせっかく買ったけど、
コースターの出番はもう来年の夏になるかな。


[PR]
by hiroponS37 | 2017-09-04 12:30 | 革細工 | Comments(0)

ミニポーチ完成

f0148619_13084163.jpg
ピンクの型押し革の小さなポーチ、完成しました
  幅  14センチ
  高さ 7.5センチ
  マチ 3センチ
コインケースや化粧直しの道具入れや薬入れなどに丁度いいサイズです。
f0148619_12533853.jpg
友人からの革のギフトボックスの中に
ピンクの型押し革5枚
大きさは、はがきサイズ。
厚みは2ミリ程度、硬くハリがあり、
この種類の革で何か作るのは初めてなので、
革の特性を知るためポーチ作り挑戦です。
f0148619_13091271.jpg
切り口を処理するコバコートと白い麻糸を取り寄せ作業開始。
f0148619_13084610.jpg
一番大きな革は厚みが均一でなくそのためシワになっていますが
ポーチとしての機能には支障ないのでそのまま使用。
f0148619_13084809.jpg
マチ用の革の周囲を漉いて薄くします。
(結果的には、革が硬いので きれいにギャザーを入れられず。
 革の特性に合わせるなら、丸い底でなく角い底の方がよかった。)
f0148619_13085183.jpg
ファスナーを取りつけます。
f0148619_13085345.jpg
ファスナーの端にツマミをつけます。
f0148619_13085674.jpg
マチを本体に縫い付けます。
f0148619_13455653.jpg
ファスナーの引き手に革の切れ端で作った持ち手をつけて完成です。

いやぁーー難しかったぁ。
柔らいプラスチック板を加工するような感じ。
表面カチカチで印は付かないし、
縫い代の馴染みも悪い。
ヒシ目の穴も閉じて見えなくなるし。
でも出来てみるとハリがあってポーチとしてはすごく使いやすいものになりました。

今回友人からプレゼントされなかったら
自分からは決して手出しすることのない革に挑戦できて

ものすごく
勉強になりました。
感謝。

このピンクの端革、あと3枚あるので
それでポケットティシュケースを作ります。
ポケットティシュってカバンの中でもまれて袋の中から飛び出たりするので
このくらい硬い革でケースを作るといいかも、と思います。

[PR]
by hiroponS37 | 2016-01-12 18:00 | 革細工 | Comments(0)

絶不調

天気が悪いせいか朝から頭痛がする。

仕事で請求書作ってて、

気づいたら

社印の印影が横向いてた。
横向いてても効力は変わらないので
このまま出しちゃおうかとも思ったが、
3センチ角サイズの印ではっきり文字が読めてしまう。
さすがに恥ずかしいのでやり直す。
f0148619_12533628.gif
うすうす感じてはいたが、
これで本日の不調をはっきり自覚した。


さて、何か作りたい。
f0148619_14121839.jpg
友人からの革のギフトボックスの中から
このピンクの型押しを選択
f0148619_12533853.jpg
かっちりしてるから何かケースを作りたいのだけど
ここで問題発生

ヌメ革でなければ切り口が磨けないので
専用の仕上げ剤が必要。
そしてこの革の色に合う縫い糸もない。

切り口がボサボサのままではこの革のイメージに合わない。
せっかくならカッコよく仕上げたい。

というわけで必要資材をネット注文することにして、
それが届くまでの間に型紙制作いたします。



[PR]
by hiroponS37 | 2016-01-08 18:00 | 革細工 | Comments(0)

はじめてのリクエスト

うちのダンナ様からリクエストがありました。
愛用しているナイフのジャケットが傷んでるので作り直して欲しいと。
f0148619_13105057.jpg
そのジャケットは合皮製で表面がはがれ
ベルトもちぎれそうになっていました。
サイズやデザインが決まっているものを作るのはそれほど難しくないので
引き受けることに。
f0148619_13105441.jpg
構造も単純で作るのは難しくないといいつつも、
先に金具をつけてしまったため革が縫えなくなり全てを一からやり直すという
凡ミスを犯し、実はこれ二代目です。
f0148619_13105792.jpg
鋭利な刃物を納めるためにはどんな構造が必要なのか
今回の製作を通じて勉強することができ私としては大満足です。
f0148619_13110061.jpg
それにたとえ相手が身内でも制作依頼があるのは嬉しいもので、
ダンナ様に初めて自作の革作品をプレゼントすることができました。053.gif



革を扱っていると、革の主が生きていたころの傷痕や血管の痕、
革に加工する時の染色のムラ、器具の跡などどれも愛おしくなります。
f0148619_13110371.jpg
f0148619_13110518.jpg
そのため手芸店で売られている端革も質の悪い部分を切り落とすことなく
全てを利用するため、そのまま畳んで小物入れにしてみました。
f0148619_13520305.jpg
シワもムラもありますがそれが個性的で
本革ですから手触りもよく気持ちいいです。
すっかり端革の虜になってしまいました。

そんなわけで年末に友人から贈られた端革の詰め合わせに心ときめいております。
f0148619_14121839.jpg
まずは、その中で一番気に入ったこの深緑の革を使ってなにか作りたいなと思ってます。016.gif
f0148619_14122602.jpg


[PR]
by hiroponS37 | 2016-01-04 18:09 | 革細工 | Comments(0)

トートバッグ、だんだん形になってきた

サイドのダーツを畳んだところ、表側
f0148619_11202927.jpg
ファスナーポケットのある裏側
f0148619_11204038.jpg
ファスナーのついていない表側がさみしいので
革を細く切ったものを通してアクセントにXXX
f0148619_11204308.jpg
ポケットの内袋の周囲も縫い終わりファスナーポケット完成です。
f0148619_11204717.jpg
ここまでできたら本体が縫えるのですが
革に縫うための穴をあけるには菱目打ちを木槌でトントンたたかなければなりません。
夜中にあまり騒音を出したくないので、音の出ない作業をすることにして
バッグの最終形を確認するのは明日に持ち越しです。

バッグ本体の内袋をミシンで縫います。
f0148619_11205042.jpg
縫い終わった内袋に革の見返しを両面テープで仮止めします。
f0148619_11205241.jpg
本縫いも革に穴をあけないといけないので深夜にはできません。
本日はここまで。



[PR]
by hiroponS37 | 2015-12-25 00:00 | 革細工 | Comments(0)

やっと革を広げる

f0148619_13021918.gif
数か月にわたり取り組んできたバッグ作りを終え
一気に気が抜けてしまいました。

帰宅してやることをやったら
リクライニングチェアに座り、毛布にくるまり
撮りだめしているビデオを見てその日が終わる毎日が続いておりました。

レザークラフトは型紙ができても
革を切り出さないと作業は出来ないのですが、
革は牛と同じ大きさなので、それを広げ、
そこから必要部分を切り出す作業は
ひざの上で片手間にできる作業ではなく、
なかなか取り掛かれずにいました。

寝転がったまま時が過ぎてゆくのはもったいない。
なんとか温かい毛布からぬけだして
やっと次の作品づくり開始です。
f0148619_13015726.jpg
型紙を作り、
持ち手部分の革を切り出しました。
持ち手は肩にかけられるよう長さは50cm。
f0148619_13021004.jpg
縫い穴をあけるために筋を入れます。

持ち手を作りながら、
バッグ本体をどのようなデザインするか
こまかい仕様を考えていきます。

詳細が決まらないうちに、やっぱり今回も見切り発車。



[PR]
by hiroponS37 | 2015-12-09 18:00 | 革細工 | Comments(0)

革漉き作業ーガラス板大活躍

f0148619_13000067.jpg
見返し用の革の縫い代を薄くする革漉きの作業中です。

はじめて革漉きに挑戦した時は、
あまり上手くできず作業を断念しましたが、
今回はガラス板の上で漉き作業リベンジです。

実はこのガラス板、革をみがくためのもの。
レザークラフトを始めた当初、その存在は知っていましたが
高価なので他のもので代用することにして購入しなかったのです。

しかし今回どうしても漉き作業が必要になり、
硬いものの上で作業するとよいとの情報を得て
購入することに。
(大理石や御影石製の作業台も市販されているが更に高価007.gif

磨き用なので面積が狭いことが欠点ですが、
漉き作業は格段に楽になりました。

これまではカッティングマットの上で作業していました。
そのため、革とともに(革はそれほど削れないくせに)
マットをざくざく削り取ることになり
ものすごーく気持ちが悪い。
マットにわずかながら弾力があるため、革がカッターの刃から逃げてしまい
きれいに漉くことができなかったのです。

きれいな作品を作るためには技術以上に
道具の必要性を感じました。
f0148619_12595287.gif
さて、バッグ製作用に今回購入したこの革は
成牛の一枚革
長さは大人の牛一頭分。部屋が狭くて全体を広げてみてないので
正確なサイズは確認できていないけれど、
バッグの残りでまだまだいろいろなものが作れるはず。

次は何を作ろうか、と あれこれ想像するのがいちばん楽しい。
そんな至福の時を夢見て、バッグ作り、残りの作業がんばります。



[PR]
by hiroponS37 | 2015-11-12 18:00 | 革細工 | Comments(2)

エベレスト登山9合目?~ベタ漉き

f0148619_12481516.gif
バッグづくりは大詰め。

これから、布で裏地をつけ、
裏地に取りつけるポケットの口まわり
バッグの縁まわりに薄い革で見返しをつけていきます。
f0148619_13241814.gif
そのため現在は厚い革を薄くするため、
必死にベタ漉き作業をしてます。
これまでの漉き作業は、
縫い代にするため革の縁だけの部分漉きでしたが、
今回は広い面積を均等に薄くしなければなりません。

それはそれで気を遣う作業ではあるのですが、
最も不安なことは、
本体へ見返しを取りつける時
失敗すること、です。

万が一失敗すれば本体作りを一からやり直し
そんな事態になったらしばらく立ち直れないかも。
それって、私にとっては、
9合目まで行って、
エベレスト登頂失敗
に匹敵。
あーー、ドキドキする。
大丈夫かなぁ。うまくできるかなぁ。

[PR]
by hiroponS37 | 2015-11-10 18:00 | 革細工 | Comments(0)


最近はじめたレザークラフトと中古住宅のリノベーションに夢中です。


by hiroponS37

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
リノベーション
汚部屋片付け
家庭菜園
イラスト
編み物
コレクション
かわいい
彫刻
野鳥
写真
革細工
アート
あれこれ
手作り

以前の記事

2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
more...

最新のコメント

> 中村直子さん しば..
by hiroponS37 at 11:41
> あんず71さん コ..
by hiroponS37 at 16:25
ご苦労様です。 私も借..
by あんず71 at 23:21
> あんず71さん 底..
by hiroponS37 at 11:52
がんばってますね~。 ..
by あんず71 at 14:12

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
住まいとくらし

画像一覧