新居、完成!

*******昨日の新居*******

焼き物である和瓦は経年劣化が少ないので、
屋根については高額な修理は必要なかったのですが、
増築した部分はトタン葺きで錆びが浮いており、
庇の部分に一ヶ所穴が開き雨水が染み込んでいました。

部屋の中に雨漏りがするわけではありませんが、
庇の木が湿って腐りそれがだんだん広がっていくのは気分のいいものではないので
修理することにしました。

屋根を葺き替えるより早く安くできるので
古いトタンはそのままに表面をステンレスで覆うことになりました。
f0148619_08563903.jpg
ステンレスは錆びに強いので10年くらいはお手入れなしで大丈夫なようです。

そしてこの屋根の修理をもって
築50ん年の中古住宅のリノベーション工事は完了ということになります。

2月末から7月の中旬まで、すべて初めてのことで本当にいろいろと
勉強になりました。
そして、たくさんの人との出会いもありました。
家は多くの人の熱意と職人さんの技術で出来ているんだなぁと思います。

これから生活用品の搬入作業になりますが、
この猛暑ですから、ぼちぼちやっていきたいと思います。


そして新たに作り直した実家のテラスの軒下に
物干し竿が架けられるようにU字金具をとりつけS字フックをぶら下げました。

物干し竿を懸架する器具はいろいろ市販されてますが、
テラスの木材に穴をあけて強度を下げたくないので
ホームセンターで発見したU字金具を使うことにしました。

小さいS字フックは高さ調節用で、使用すれは竿の位置が低くなります。
f0148619_08563936.jpg
以前の古いテラスの時は、垂木に直接ロープをかけ輪にしていました。
高い場所にある不安定な輪の中に竿を差し込むのは高齢の母にとっては大変なことで、
f0148619_09463855.gif
S字フックなら開口部があるので横によせるだけで竿が引っ掛かります。
高齢の母が生活習慣や手順、方法を変えるのは難しいことではありますが、
さっそく使ってくれているとのことで、嬉しいです。


箒のリメイクの進捗については、現在、柄の先に革を巻いているところです。
f0148619_08563910.jpg
細切れになった端革で柄の先端部分だけを巻いているのですが、
いい革なのでとっても手触りがいい。
この際、手で持つ柄の部分全体を革張りにしたら・・・

いやいや、箒は消耗品。本革張りの箒なんてもったいなくて使えないです。


by hiroponS37 | 2017-07-14 12:30 | リノベーション | Comments(0)


最近はじめたレザークラフトと中古住宅のリノベーションに夢中です。


by hiroponS37

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
リノベーション
汚部屋片付け
家庭菜園
イラスト
編み物
コレクション
かわいい
彫刻
野鳥
写真
革細工
アート
あれこれ
手作り

以前の記事

2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
more...

最新のコメント

> 中村直子さん しば..
by hiroponS37 at 11:41
> あんず71さん コ..
by hiroponS37 at 16:25
ご苦労様です。 私も借..
by あんず71 at 23:21
> あんず71さん 底..
by hiroponS37 at 11:52
がんばってますね~。 ..
by あんず71 at 14:12

最新のトラックバック

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
住まいとくらし

画像一覧